HOME > 病名検索 > パーキンソン病
パーキンソン病
難聴

パーキンソン病とは、ふるえ、動作緩慢、小刻み歩行などを主な症状とする病気です。パーキンソン病は脳の黒質神経細胞の変性を主体とする進行性変性疾患で、脳が出す運動の指令がうまく全身に伝わらず、スムーズに動けなくなる状態で、パーキンソン病は、神経系が徐々に変性していく病気で、安静時振戦、随意運動が遅くなること、筋肉の緊張度が高まること(筋硬直)によって特徴づけられます。

パーキンソン病の症状として振戦、筋固縮、無動、寡動、姿勢・歩行障害が特徴です。パーキンソン病の神経細胞変性の原因は現在までのところ確定されていないですが、パーキンソン病は外因と素因の交互作用による多因子性の疾患だと考えられます。

パーキンソン病の発生するところは黒質です。大脳と脊髄をつなぐ中脳には左右に2つ、肉眼で黒く見える部分があります。これは黒質です。黒質ではドパミンという物質がつくられ、大脳の線条体に運ばれます。線条体はドパミンによって刺激され、からだの運動を円滑に行うことができるようになります。

脳が、たとえば腕をもち上げるために筋肉を動かす信号を発したとき、この電気信号は脳の奥深くの大脳基底核を通ります。基底核は筋肉のスムーズな動きと姿勢の調整を行っています。他の神経細胞と同様に、基底核の神経細胞群も化学伝達物質(神経伝達物質)を放出して、隣の神経細胞を刺激することにより信号を伝達します。基底核の主要な神経伝達物質はドパミンです。

ドパミンの全体的効果は、筋肉に送られる信号を増幅することです。パーキンソン病では、基底核の黒質と呼ばれる部位の神経細胞が変性するために、ドパミンの産生量が減り、神経細胞間の接続が減少します。その結果、正常なときのように筋肉をスムーズに動かせなくなり、振戦、協調運動障害が起こり、動作が小さく遅くなります(運動緩慢)。

取り組み

当院のパーキンソン病二対する治療目的は、パーキンソン病の回復程度を高めることとパーキンソン病が完治するまでの時間の短縮することです。パーキンソン病は今も難病の一つで、西洋医学治療ではまだ克服できないのは現状です。

当院長は二十数年前から新しい突破口としてパーキンソン病の針灸治療を取り組んできました。各国のパーキンソン病に対する治療法を研究し、試行錯誤の末、当院の特殊な脳透穴針療法を開発しました。
脳透穴針療法の応用した結果、多くのパーキンソン病患者の振戦、筋固縮などの症状を改善しました。
特に、ふるえと手足のこわばりなど姿勢障害の改善が目立ちます。
パーキンソン病の症状が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。パーキンソン病の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

治療実績

当院の独自な鍼灸治療は、振戦や筋肉の硬直を抑え、運動能力を改善するのに最も効果の高い方法です。

鍼灸治療のメカニズム

鍼灸治療で神経細胞からのドパミンの放出を促進します。